• shizukucan

令和2年度第1回よしゃれ通り推進会議を開催いたしました。

よしゃれ通り活性化ビジョン みんなが潤うよしゃれ通り〜多世代活躍の中心となる商店街〜」をビジョンによしゃれ通り(県道)に関わる 歩きやすい商店街のもと”みんなが潤い””活躍”→集うことのできる商店街になるように「歩きやすい道」ともない「除雪課題解決」に向けての話し合いを行いました。 自治会長さん(住民)や 学校 商店・企業 軽トラ市実行委員会 など、よしゃれ通りに関わる人たちの参加により これまで”流雪溝”ありきで話し合いを進めてきましたが これからの時代にあった、除雪改題解決に向けて「他自治体」の方々からも様々学ぶこととなりました。 まずは、お隣の市、滝沢市の上の山自治会による”行政・民間・住民による協働除雪”の仕組みに関して学びます。 これまで、何年も何年も話し合ってきたよしゃれ通り推進会議 ハード事業であるからこそ、誰もが納得のいく結果は難しいの現状です。 時間がかかり、いつまで何やっているんだ?との声もあるかと思います。 しかし、行政主体、行政からの提案事項ではなく、 暮らしているみなさんの意見で、よしゃれ通りのまちづくりに活かせるように歩みを進めています。 面倒なこともたくさんあるかも知れません。 けれども、やめたら、それで、終わり。 なし崩し的に衰退していくことのないように、諦めずに歩みを進めていけたらいいなと思います。 長年話し合いの体制を作ってきているから 参加者みなさんの意見交換がとても勉強になりますね 自分本位になることなく、他人の意見も認めつつ したから積み上げている話し合いの手法や、努力を続けていただき感謝です。 参加してくれた皆様、意見をだしてくれたみなさま、昨晩はありがとうございました。そして、お疲れ様でした! 次は、勉強会楽しみながら開催いたしましょう。 ※新型コロナ感染が懸念される昨今ですが、コロナを恐れて歩みを止めてしまっては、別な意味で町は衰退してしまいます。 感染対策をしっかり行った上で、話し合いや事業を続けていくことがとても大事なことだと、私は考えます。

4回の閲覧

雫石町まちおこしセンター しずく×CAN

 

ⓒ shizuku×can